くまのおかあさんの徒然日記


  何事もない我が家のクリスマスですが、昨夜はちょっと楽しみました。
「サンタカメラ」のとらえるサンタクロースの様子をパソコン上で孫達と一緒に見ました。世界各地を飛び回る様子を説明付きで見ることができます。まず、サンタさんが出発地点をスタートする様子。孫と一緒に見た時間には、その次の北太平洋上のサンタの様子が見ることができました。もちろん日本の上空、富士山のあたりを飛び回る様子も、もっと後の時間になりますが記録されています。「これ、本当なの?」とお兄ちゃん。「ここの家にも来るの?」と弟。真剣です。

  どんな夢をみたかな?
  今朝、6時半ごろ、二階からいつもとは違う足音が聞こえました。ぱたぱたと小走りに走っている音かな?スキップしているような音も混じっています。きっとサンタさんからのプレゼントを見つけたのでしょう。

写真の中のサンタさんの乗っている箱はオルゴールです。北九州市のローズマリーハートで見つけたものです。我が家の玄関に置いていて、気が付いたらねじを巻いてクリスマスソングを楽しんでいました。

☆「サンタ カメラ」はクリスマス イブにだけ世界中に設置される超クールなハイテクの高速デジタル カメラです。これで世界中を飛び回るサンタとトナカイの画像と動画を捉えます。
このページのトップへ
  昨日は、二人の孫と長い時間つき合うことになりました。ママが少々ダウンしたためです。あれこれ遊んでいるうちに、私の両親、すなわち彼らの曾祖父母の写真を見てみたいというのです。たくさんあるアルバムの中から手頃な2冊を選んで、開いてみました。選んだのはファイル式の簡単なアルバムでしたが、それが幸いして、それには未整理の写真が無造作に入っていました。整理されていないので、いろいろな時期の写真が入っています。
  彼らにとっては新鮮な驚きのようでした。いつものじぃー、ばぁーが若々しく、自分たちのような年齢の子供と一緒です。しかもどことなく自分たちに似ている。自分たちが画面にいないこと、それにママがいないこと。
  私も久しぶりに見る写真の背景に、当時の生活がまざまざと思い出されました。いろんなことがあったなー。写真の裏側が透けて見えるようです。
  でもどれもみんな笑っている。写真を撮るときってどうして笑ってしまうのかしら。つらいことも多かったと今更言いたくないけれど、笑ってばかりでもなかった。
このページのトップへ

  九州旅行初日、12月4日、博多で、かねてよりお目にかかりたいと思っていた方と昼食を楽しみました。そのあと初めての博多の街を、一人でぶらぶらと歩いて過ごしました。楽水園という小さな和風の庭園があることを、調べて知っていましたので、地図を頼りに行ってみました。著名な博多商人の別荘だった所で、広いとは言えないお庭も名残の紅葉が楽しめて、心落ち着く風情でした。入口の内外に、博多塀が連なり、そのデザインの軽妙さは当時の博多の人々の感性を映しているのでしょうか。(博多塀は、豊臣秀吉時代に町の戦災復興で、兵火による焼石、焼け瓦を粘土で固めて造られたもの)写真
  そのあと、足を止めた「博多町屋ふるさと館」で博多独楽を二人の孫のお土産に二つ買いました。ひもをぐるぐる巻いて、投げて回す独楽です。
このページのトップへ

  昨日遅く、九州から帰りました。福岡空港に着き北九州空港から飛び立った4泊5日の旅でした。その間のいろいろは、本当に盛りだくさんで、出会った方、訪れた場所、一つ一つが心に残りました。
  ローズマリーハート展での2回のワークショップで、ベア8体とウサギ2体が個性豊かに誕生しました。手作業の間に流れる時間は、おしゃべりを交えて楽しく、また、作品展のボランティアの方の手になるランチは本当においしかったです。
  
  作品展の翌日、門司港へ案内していただきました。展望台からは関門海峡が望めます。河かと思えるほどに流れが速く、海峡を横切る定期船の航跡が面白いように弧を描いていました。はるかに巌流島が望め、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘はどのようなものであったかと想像し、対岸に見える壇ノ浦に建つ神社は、源氏と平氏の戦いの後を見守るかのように見え、絵巻に見られるような戦いだったのかと想像しました。その海峡が一番狭くなっているあたりでは、幕末のころ外国の軍艦との戦闘があったと歴史書で読んだ記憶があります。思い出されるのはいずれも戦いにまつわるものですが、どの時代でも重要な役目を果たした地域なのでしょう。

  ローズマリーハート展に展示されていた作家のベアに加えて新たに参加された作家のベアを合わせて、ベアの展示販売中です。お近くの方はお立ち寄りください。
とき:12月8日~14日
ところ:福岡県北九州市小倉北区京町3-1-1
    COLET 4F ぎゃらりー 創作市場
このページのトップへ
  この夏、乗鞍でたった一人でいた夜に、突然の停電を経験しました。懐中電灯は?ロウソクは?と狼狽しました。
  何と一昨日の夜、東京の我が家でまた、停電騒ぎとなりました。懐中電灯は?ロウソクは?と思いめぐらしても、すばやく思い出せません。幸い、玄関から廊下、2階のすべては電気がついていたので、不安はありません。二世帯住宅の我が家のスペースの漏電ブレーカーが落ちていました。何かが漏電しているらしいのです。東京電力の担当の方のチェックを受けて、エアコンが漏電していることがわかりました。原因がわかりエアコン以外のすべては正常に戻りました。
  暗闇の中、ようやくロウソクのしまい場所を思い出し、取り出して灯してみました。出てきたロウソクは26年前にアメリカにいたときに買ったカラフルなロウソクです。思いがけず懐かしい思い出に浸りました。
このページのトップへ

FC2Ad

Calendar

11月 « 2009年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

くまのおかあさん

Author:くまのおかあさん
テディベア作家「くまのおかあさん」こと村瀬公子の日記です。
このブログは、本家サイトの1コンテンツとして利用させていただいています。詳しくは本家サイトをご覧ください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する