くまのおかあさんの徒然日記


  “全日本マウンテンサイクリングin乗鞍”のスタートは午前7時30分。早起きをし、家の近くのバス停から7時12分発のバスに乗ってスタート地点の観光センター前へ。天候は雨こそ降っていませんが、霧に包まれて、すべてがぼんやりしています。道路の両脇には車が数珠つなぎに駐車し、駐車場という駐車場は車であふれています。すでにスタートゲートには第一回目にスタートする人たちが、合図を待っていました。すぐ横の観光センター前の広場にはスタートの順番を待つ人たちでごった返しています。何しろ3500人以上の人が、それぞれ愛車を脇に集まっているのですから、その集団の大きいこと。
  1時間近くかけて、何組もスタートが繰り返されて、最後は子どもたちのグループで終わりです。それを見送って、歩いて家路につきました。観光センター前から一の瀬園地に向かう道の途中から木立の中を抜ける散策道に入り、サイクリング用に整備されている細い道を歩いて下り、1時間ほどで家に着きました。このイベントが終わると、すっかり静かになり、秋が深まります。写真は、スタートを待つ選手たちです。

このページのトップへ

   約2週間ぶりに乗鞍にやってきました。風はすっかり秋の匂いです。赤とんぼがたくさん群れて飛んでいます。明日は、“全日本マウンテンサイクリングin 乗鞍”が開催されるので、大勢の参加者が宿泊し、足慣らしに自転車を走らせています。とても賑わっています。乗鞍高原から乗鞍岳畳平まで、標高差1260m、距離20.5kmの坂道(平均斜度6.15%、最大斜度15%)をひたすら自転車で上る過酷なレースです。参加者は3500人とのことです。
  写真は、そば畑の道を練習に励む、サイクリスト達。後ろは、いがやスキー場です。
このページのトップへ

  今日は「淡彩画」教室の日でした。1回休んでしまったので一カ月ぶりです。今日の画材はストレリチア。面白い形をしています。(写真)
  帰りのことです。バス停の脇のちょっとしたコンクリートの台に身を横たえようとしているご婦人を見かけました。帽子の陰でお顔ははっきりとは見えませんが、かなりの年配と見受けました。どうされたのかしら?と思って声を掛けようとしたとき、一人のご婦人がそばに寄って声をかけていました。気になって二人の様子を見ていると、声をかけた方がこちらを向かれたので、「どうされたのですか?」と尋ねました。「大丈夫とおっしゃっていますよ」と言って立ち去って行かれました。
  私は気になりつつもバスに乗って家路につきました。
  その後、あの方はどうされたかということよりも、自分の問題として、あのような場合にはどうされたいのかと考えていました。とっても疲れてしまうこともあります。そんなとき、人目も構わず、横になりたいと思うことも起こるかもしれません。気遣って声をかけてくださる方がいるのはうれしいことです。でも、状態がよほどひどくない限り、「大丈夫です」と言うでしょう。あの方のように。
このページのトップへ
  冷蔵庫の中の野菜も底をついてきたので、今日は暑さの中、大きなスーパーまでバスに乗って買い物に行ってきました。このスーパーに来た時には買おうと思っていた「メダカのえさ」も忘れずに買ってきました。
  今月初め、ホテイアオイを浮かせている水がめに、メダカの赤ちゃんが泳いでいるのを見つけました。これとは別に陶器の火鉢に水を入れて、小さなスイレンを植えています。そこに大人のメダカが2匹か3匹はっきりしないのですが住んでいます。ここに入れていたホテイアオイの株が大きくなってきたので、分けて先の水がめに移したところ、メダカの赤ちゃんが生まれていたということです。次々に生まれるらしく、1cm近くなっているようなものから、昨日生まれたのかと思うような、糸のように細く目をこらさないと見えないようなものまでいます。眺めていると時を忘れますが、餌も少し与えることにしたのです。
このページのトップへ

  明日はいよいよ東京に帰ります。今日は雨模様でした。
  このあたりの納涼祭が明日行われます。会場になる家の近くのグランドには盆踊りのやぐらが運び込まれ、小学生の演奏するアルプスホルンも最後の仕上げをしているのか、午前中に音が聞こえていました。毎年恒例の素朴なビッグイベントを見ないで帰るのはとても残念ですが、しかたありません。
  乗鞍に来てから、くまのおとうさんが桂枝雀の語る落語のDVDを購入し、「乗鞍寄席」と称して、毎日夕食後に2席ずつ楽しんでいます。今夜は第3回になります。
  写真は乗鞍生まれの3兄弟です。真ん中のベアは体長15cmで、このベアをアレンジして右側のベア、左のベアと試作しました。もう少したくさん作る予定で材料は持ってきたのですが、水彩画と『竜馬が行く』に時間を取られてしまいました。
このページのトップへ

  乗鞍滞在も終わりが見えてきました。
  来た時には、10日もいるのだからどんなこともできそうな予感で、ベア作りの材料や道具、スケッチブックに絵の具、文庫本と、わくわくしながら荷解きをしました。明日はもう帰りの荷作りをしなくてはなりません。このところ、地元の人も嘆くような雨続きでしたが、今日は朝から快晴! 写真は朝の散歩のときに見た、乗鞍岳です。
このページのトップへ

  今日は朝から青空がのぞいて、久しぶりに洗濯物が干せました。
  今回のワークショップは残念ながら参加者がいませんでしたが、ベアつくりを通して知り合った方が次々と3人も訪ねて来られて、楽しいおしゃべりのひと時を過ごすことができました。
  ワークショップがない分だけ時間がたっぷりとあるので、日頃できないことをすることができました。
『竜馬が行く』の(四)、(五)を読み終えました。ついつい面白くて先へ先へと進んでしまいます。また水彩の絵を何枚か書きました。時間を気にしないで、本当に楽しかった。いろいろとおいしいものを頂戴し、味わう前に絵に残そうと筆を走らせました。水彩絵具のころ合いもだいぶつかめたように思います。次は私のベアの絵を描いてみたいと思っています。この夏の間にできるかしら。写真はいただいた野菜たちです。
このページのトップへ
20090808乗鞍停電
  4日に乗鞍についてからお天気が良かったのは、2日間だけです。雨ばかりです。いつものすがすがしさがありません。8日も午後からは雷鳴がとどろき時折激しい雨が降っていました。くまのおとうさんは、8日から2泊3日の合宿で八ヶ岳に出かけていました。犬2匹と私一人の静かな時間です。簡単な夕御飯を済ませ食器の後片付けも終わってテレビを見ていた時に、突然の闇が襲ってきました。停電です。一瞬どうしてよいかわかりません。声を掛け合う相手もいません。まず「懐中電灯はどこに?」そろりそろりと移動して心当たりの場所に手を伸ばしてみます。
  懐中電灯を見つけてほっとしたものの、次は「ろうそくはあったかしら?」心当たりがありません。
  いつも何かと助けていただく隣のTさんに今回も助けを求めました。ろうそくとマッチをお借りして、テーブルの真ん中に立ててまずは一安心。揺らめく炎が不安を溶かします。ただろうそくの光だけでは何もすることができません。楽しいことを考えることにしました。
  話は飛びますが、20年ほど前のこと、夕飯時に停電になりかなり長い時間続いたことがあります。当時、新興住宅地に住んでいて、同じような家が連なっている町でしたが、時間がたつにつれて、たくさんの人が家から道路に出てきて、お互いに挨拶を交わしたり話をしたりすることになり、停電が近隣の付き合いを深めてくれたことをふと思い出しました。
  こんなことを考えていたら突然明るくなり、テレビがしゃべりだし、冷蔵庫がうなりはじめました。ちょうど2時間の暗闇の世界でした。
  
このページのトップへ

  朝から気持ち良く晴れています。
  昼食後、くまのおとうさんは散歩に出かけました。コースは、家の裏の丘の上にある八瀬尾神社に詣で、山道を通って小大野川の釜場付近に下り、そこからUターンして84号線を歩いて帰るというものです。神社からは、ここ番所の様子が一望できます。我が家はと言えば飛んでいる鳥が見ているような角度から、屋根が見えます。
  散歩から帰ったおとうさんが開口一番「2階の屋根に上がって水を抜かなくては!」
我が家の屋根は陸屋根で傾斜がついていません。トヨへ水を流す排水溝が詰まっていて水がたまっているのです。排水溝には裏山の落葉松の葉が詰まってしまいます。さっそく掃除開始です。排水溝は2階の屋根に4か所、2階のベランダに3か所あります。ほうき、ドライバー、シャベルを手に高いところで仕事をするおとうさんも大変ですが、助手を務める私も相当疲れました。写真は活躍中のおとうさんです。
このページのトップへ
乗鞍高原の夜はやはりひんやりして、肌寒いほどです。
  
今朝は4時に起床、車に荷物を積んで用意を整え5時に出発しました。道路はすいていて余裕をもって走れます。7時ちょうどに山梨県の双葉パーキングエリアに入って朝食をとりながら小休止。朝食はいつもおにぎり二つ。くまのおとうさんはそれに加えてゆで卵を2個買います。ついでにレストラン脇のパン屋さんで昼食用にパンを買うのもいつものことです。今日は外の売店で完熟トマトとプラムも買ってみました。
  中央高速から長野道に入って松本インターで降り、市内を乗鞍上高地方面に向けて走ります。9時近くに八十二銀行波田支店に到着。ほぼ1年分の通帳記入をすませました。
  そしていつものガソリンスタンドでガソリンを満タンにします。給油中には窓ガラスをすっかりきれいに拭いてもらえて、大助かりですが、ここではぬれたタオルを「室内を拭いて下さい」と言って渡されるのです。東京では経験のないことなのではじめはびっくりしました。地域によってサービスも違うものですね。
  新島々駅前を通過していよいよ登り道にかかります。
  9時半くらいに、道の駅「風穴の里」の駐車場に入りました。バスが何台もいて、かなりの込みようです。くまのおとうさんのお目当ては、飲むヨーグルトと特製おやきと漬物です。ずしりと重い袋を車に積み込んで、しゅっぱ~つ! 乗鞍高原は目前です。
  到着は10時、空は晴れて草の匂いがあふれていました。
このページのトップへ

明日は早朝、乗鞍へ向けて出発します。準備もほぼ完了。冷蔵庫の中に未開封の牛乳が残っていたので、大急ぎでホワイトソースを作って、ただいま冷やし中です。冷凍しておいて少しずつ使うととても便利です。
  夕方には、孫たちと一緒に葉っぱ集めをして遊んで、留守の間の草木の水やりを頼みました。枯れないことを祈っています。
  先日、友人のSさんからいいただいた2本のバジルを、コップに挿して楽しんでいます。とても可愛い白い花がついています。下の方の葉っぱを何枚が使ってスープに入れました。さわやかな香りと、鮮やかな緑、食欲を刺激します。生のバジルと一緒に乾燥して砕いたバジルもいただきました。「これ、なーに?」という孫たちの質問に、ハーブの仲間のバジルだと説明しました。そこで、ハーブ茶にして飲んでみようということになりました。乾燥して細かくなっているバジルを袋に入れてお湯を注ぐと、うっすらとした黄色いティーになりました。香とお味は? 大人には、良いお味でした。
  12月のローズマリーハートでのワークショップは2日間設定されています。日替わりで違うものを作るということになり、2日目はウサギを作ることになりました。写真はワークショップのコンビです。
このページのトップへ

FC2Ad

Calendar

07月 « 2009年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

プロフィール

くまのおかあさん

Author:くまのおかあさん
テディベア作家「くまのおかあさん」こと村瀬公子の日記です。
このブログは、本家サイトの1コンテンツとして利用させていただいています。詳しくは本家サイトをご覧ください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する