くまのおかあさんの徒然日記


  今日は「淡彩画教室」の日です。クラスメイトは6人。今日の画材はほおずきでした。見事な色をしています。何とか質感を出したいと思い、あれこれと鉛筆を走らせる時間は本当に楽しい。
  終わってから、本屋さんに立ち寄って司馬遼太郎著『竜馬が行く』(四)、(五)、と、孫たちにオトフリート・プロイスラー作『大どろぼうホッツェンプロッツ』を買いました。Hi君は小学生になり、絵本のお話はちょっとつまらなくなってきたようです。「冒険物語がいい」という希望に添えるかなと思いながら選びました。実はこの本は、私の子供たちも読んだ本なので、家のどこかにあるはずですが所在が不明なので買ってしまいました。  『竜馬が行く』は私が楽しんでいます。
  再び季節先取りのクリスマスのベアを作りました。12月5日、6日に北九州市のローズマリーハートで開催するワークショップで作ります。(写真)
このページのトップへ

我が家のかぼちゃも花を次々につけています。ほとんどが雄花ですが、時々雌花が咲きます。このようなベランダ菜園で、自然に任せていて受粉するのかどうかが疑問でした。数日前には、孫のHi君に手伝ってもらって、綿棒を使って受粉をしてみました。そして今朝、また雌花が咲いていました。雄花の花粉を綿棒につけて、雌花の中をのぞいてみると、中で蜂のような昆虫がせっせと動いています。これで私が受粉を手伝う必要がなくなりました。
  我が家の庭にあるウッドデッキのプランターも、大きな畑の中と同じように自然の動きの中に含まれていることが感じられて、とてもうれしくなりました。
  そういえばこの頃ウッドデッキのあたりをモンシロチョウが時々飛んでいるのを見かけていたのは、カボチャの花に誘われていたのでしょうか。
  写真は、昆虫が受粉させたであろうかぼちゃの花
このページのトップへ

  早くも梅雨明けとなり、昨日今日と焼けてしまいそうな暑さでした。例のカボチャも順調に育って、いくつかの雌花が、カボチャの赤ちゃんを抱えて花をつけています。
  この2週間ほどをかけて、犬の制作に専念しました。可愛いポメラニアンの注文を受けてから、ずいぶん時間がたっています。いつも頭の隅に引っかかっていて、気になっていました。しかし、決定的なアイディアが出なくて手が出せませんでした。
  写真は試行錯誤の末に生まれた犬たちです。
このページのトップへ

  梅雨空の長いトンネルはいつまで続くのでしょうか。今日も蒸し暑さの中、雨がぱらついたり日が照ったりと、洗濯物が室内に取り込んだり外に出したり右往左往しています。
  約1か月前に種をまいた、カボチャが無事に成長を続けています。小さなプランターで育てているので、最近の湿度の多い雨模様の天気に助けられています。蔓の先端までは2mはあるでしょう。場所がなく倉庫の屋根に蔓さきを誘導していますが、どうなりますか。花は次々に咲いているのですが、雄花ばかりです。きっと栄養面に問題ありと考えていますが、どうすればよいかわかりません。
  孫たちも大いに関心を持っていて、雨が降っていても水をやりたくなったり、蔓をひっぱってみたくなったりしています。写真は倉庫の屋根を目指しているかぼちゃ達です。
  小学1年のHi君は毎朝、登校前にカボチャを眺めては楽しんでいます。

このページのトップへ

FC2Ad

Calendar

06月 « 2009年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

くまのおかあさん

Author:くまのおかあさん
テディベア作家「くまのおかあさん」こと村瀬公子の日記です。
このブログは、本家サイトの1コンテンツとして利用させていただいています。詳しくは本家サイトをご覧ください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する