くまのおかあさんの徒然日記

  昨日のお昼頃、ふと外を見ると赤色灯を回転させてパトカーが止まっていました。なんだろう。すると瞬く間に我が家の隣の駐車場に十数人のお巡りさん、私服の刑事と見られる人が集まってきました。何があったの? 見ると、駐車場に何か壊れたものがあります。その周りを測ったり眺めたり。どうしたの? 我が家の前の道は黄色いテープ(非常線?!)を張って通行止めになりました。 外出する時間になったので、くまのおとうさんといっしょに家を出る時に、警備に当たっているお巡りさんにたずねました。「何があったのですか?」「ご心配なく、ちょっと手に怪我をした人がいます。心配いりません。」それにしても物々しい雰囲気です。
  夕方家に帰ってみて、びっくり。道路に血が滴って、駐車場から隣家の前を通ってその次の家の私道にまで続いていました。噂では誰かが刃物で刺されたとのことでした。
でも、誰が誰に刺されたの? いまだにわかりません。きちんとした説明がほしいのですが。
このページのトップへ

  やれやれ間に合いました。
Noely Bear & Friends の作品展の締切日が明日に迫っていました。「なかま」というテーマの作品を夕方発送することができました。
  テーマにそったアイディアがなかなか決められなくて、時間をとってしまいました。作品は仲間を呼び集めているという発想で作りました。(写真)

作品は、他のメンバーの作品とともに次の予定で各地を巡回します。チャンスがあったらぜひ見てください。
岐阜県アクティブG 3F・TAKUMI工房アートスタジオ 
(JR岐阜駅ビル内)  2008/12/1(月)~12/15(月)
愛知県長久手「文化の家」1F展示室  2008/12/18(木)~12/21(日)
長崎ハウステンボス テディベアキングダム  2008/12/27(土)~2009/4/12(日)
飛騨高山テディベアエコビレッジ  2009/4/18(土)~9/30(水)
那須テディベアミュージアム  2009年秋~2010年春

このページのトップへ
  一昨日、落語を聞きに行ってきました。桂文珍師匠の独演会でした。最近くまのおとうさんが、笑いを求めて落語に興味を持つようになり、付き合って聞きに行くことがあります。少し前に聞いた、桂三枝師匠の話も印象に残っています。大いに笑いました。
  話芸というだけあって、聴衆をひきつけつつ話をしていく芸は、さすがだと思いました。
  ところで「笑い」って何なんでしょう。自分の心に楽しいことがあって、自然に笑いがこぼれるというのがありますが、落語の笑いとはちょっと違います。噺を聞いて笑うのですが、笑える時と、笑えない時があります。でも大いに笑った後には心も楽しくなります。笑いを求めて、次の落語会を探しています。
このページのトップへ
  今日、我が家に新しいオーブンレンジが来ました。今日の午前中まで使っていた古い電子レンジは、20年を超える年月を我が家の台所で活躍してくれました。でも10分を超えて使うと、止まってしまうのです。簡単な解凍と暖めくらいで妥協をしていました。
  ついに決心をして、買い替えとなりました。最新式のレンジには分厚い説明書がついてきました。今までのものとは勝手が違います。まず使い方を調べてから使わなくてはなりません。それがなかなか面倒くさいのです。
  年をとると、とはあまり言いたくないのですが、やはり年をとると使用説明書は本当に面倒で、読んでも頭の中に残りません。

  しかし、でも、緊張していて本当に必要に迫られると、小さな文字で印刷されている説明書も、繰り返して読んで理解ができることを経験しました。今回の台湾旅行でのことです。一人の旅でした。すべてのことは自分の責任になります。この必死の気持ちが頭の働きを助けてくれたようです。
  それを考えれば、レンジの説明書など…。でも、使いこなすには時間がかかりそう。

このページのトップへ

  借りていたスーツケースも返送し、現地でお世話になった方に簡単なお礼のメールをして、旅が終わりました。
  滅多に風邪をひかない私ですが、珍しく風邪気味です。今日は英会話の日、予習もちゃんとして出席しました。台湾旅行のことを尋ねられたら、私の英語力では十分に話せないと思い、カメラを持って行きました。

台北では屋台のたくさん集まっているマーケットへ連れて行ってもらいました。すごい熱気でした。“青蛙の卵”という名の飲み物を試して、その後屋台を3軒ほど梯子しましたが、もう、満腹でした。おもしろかったのは、十種類の漢方薬と豚の骨などを一緒に長時間煮込んだものでした。骨にこびりついている肉を掻き取りながらたれをつけて食べます。スープが美味しかったです。(写真)
このページのトップへ

  19日夜9時半過ぎに台湾から家に帰ってきました。
  私にとっては大冒険旅行で、初めて自分で時間をアレンジして、予約を取って、切符を買ってと緊張することばかりでした。成田空港からの帰途、京成線の隅の座席に身を置いて、なんともいえない安堵と達成感とを感じていました。きっと小さな子供が初めてのお使いを終えて帰る時には、こんな気持ちであろうと想像していました。
  今回の旅は連れのいない一人の旅だったのでその分緊張をしましたが、一人だったからこそ味わうことのできた、人の心の綾を経験しました。手持無沙汰の時にでも読むつもりで鞄に入れていった山本一力著『あかね空』も、ページを開かないままに帰りの飛行機に乗り込み、成田までの間に少しだけ読むことができました。江戸時代の長屋に住む人たちの人の情をたぐりよせながら、話が展開し始めています。
  台湾ではオープンマウスのテディベアを作る講座をしました。参加者は5名で、全員すでにテディベアを作ることのできる方たちです。写真は初めてホテルの部屋に入った時に目に入った「ウェルカムフルーツ」です。時計はすでに深夜12時を過ぎていました。

このページのトップへ

  今日はお金を両替してきました。円からニュー台湾ドルに。銀行の両替所は昨年ドイツ旅行の折にユーロに両替したところなので、様子が分かっています。
  外国の紙幣なのに、書いてある文字が何となく読めてしまうのがちょっと奇妙です。
今日は久しぶりの晴天で日差しも気持ち良く、作品の写真を撮りました。今月21日(金)から23日(日)に北九州市で開催される「ローズマリーハート テディベア展」でお目見えします。電車ごっこをして遊んでいるベアたちです。
  
このページのトップへ
  10月、11月と連続で3回、デパートでのテディベアの実演販売という機会を得ました。新宿京王百貨店、恵比寿三越、池袋三越です。それぞれの立地によってお客様の感じが違うのは当然のことと思っていましたが、まさにそのとおりでした。
  今日は池袋三越の1階が実演場所兼売り場になっていました。1階ということもありたくさんの方が足を止めてくださいました。針の手を止めて、しばしのお話はなかなか楽しいものです。
  16日に台湾のテディベアのイベントに出かけます。いよいよ最終の準備にかかります。

このページのトップへ
  「英国ドールハウスの世界」展を見てきました。ドールハウスをじっくりと見たのは初めてでした。それが基本的に実物の1/12のサイズになっていることも初めて知りました。まるで奥行きのある絵本を見ているように感じです。作品に使われている小道具はどのように作るのでしょうか。布で作る洋服や、家具などの木製のものは手作りできると想像しますが、金属製の小さなお鍋などはどうするのでしょう。私の技術の及ばないところなので一層興味があります。会場の外の物販コーナーにはかわいらしい鍋、やかん、スプーンにフォークとたくさん売っていたので、もしかしたら小道具を専門に作る人がいて作家たちはそれを買ってくるのかしらと、失礼な想像もしてしまいました。不思議な世界をのぞいてきました。
このページのトップへ

FC2Ad

Calendar

10月 « 2008年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

プロフィール

くまのおかあさん

Author:くまのおかあさん
テディベア作家「くまのおかあさん」こと村瀬公子の日記です。
このブログは、本家サイトの1コンテンツとして利用させていただいています。詳しくは本家サイトをご覧ください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する