くまのおかあさんの徒然日記



  6時起床。家の前の道は既に賑わいを見せています。サイクリストたちが次から次へと通り過ぎます。
  「第22回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」が今日開催されました。乗鞍高原から乗鞍岳畳平まで標高差1380m、22kmの道のりを一気に上る過酷なレースです。
6時半ころ車で家を出ました。スタート地点の観光センター前に向かう道には既にサイクリストたちが自転車をこいで上がっていきます。観光センターに近づくにつれておびただしい車、車、車。車から愛車を取り出して調整に余念のない人たちもいました。参加者は3800名。スタートは7時半。13のグループに分かれてスタートしていきました。
  開会式には市長さんの挨拶があり、スタート地点には二人のレースクイーンも登場して大会に花を添えていました。速い人は1時間くらいでゴールするそうです。
  写真は乗鞍岳を仰ぎペダルを踏みしめていざ‥。
このページのトップへ


乗鞍にいると東京にいるときに比べて空を見上げることが多いです。雲の流れは風の向きや気温に大きく影響します。今朝、本当に高いところにある秋の雲を見ました。(写真)
明日は、乗鞍岳を登るヒルクライムのサイクルレースが行われます。参加者は3500人以上だそうです。午後からは、カラフルなシャツを着たサイクリストたちが風を切って、白い花の咲いている蕎麦畑の向こうを通っていきました。
このページのトップへ


  乗鞍高原の観光客のにぎわいも20日を過ぎるころからすっかり静かになりました。乗鞍の家の近くにある「蕎麦どころ・いがや」は大変な人気スポットです。観光シーズンにはたいていお昼に行ってもすぐには食べられません。待つ人のためによしず張の囲みが外に作ってあるほどです。今日は観光客も少なそうなので、お昼にくまのおとうさんとそのお蕎麦屋さんに行ってみました。予想通り空いていて待つことなく席に着くことができました。
  食後はぶらぶら歩いてドライフラワーやそのアレンジを売っているお店に立ち寄ってみました。可愛いドライフラワーや枝を細工して作った小さい椅子などを買って帰りました。9月3日からの作品展のディスプレイに使うつもりです。
  写真は夏野菜のかき揚げ蕎麦です。おまけにおやきがついてきました。
このページのトップへ


  朝から灰色の重そうな雲が動いていきます。昼前には雨が降ってきました。
  東京から大切に持ってきた、半分発芽しかかっているアボカドの種を植木鉢に植えました。4月ころから水に浸し毎日様子を見ていたものです。毎日の水交換はくまのおとうさんの役目です。種の様子を時々見に来るのは孫のHi君です。これからは土から芽が出てくるのを楽しみに水遣りをすることになるでしょう。
  午後は雨が降ったりやんだり、時折強い風が吹いたりと、不安定な天候でした。雲の切れ間から一瞬青空がのぞき陽がさしたとき、突然虹が前の山を背景に浮かび上がりました。「カメラを持ってきて」というくまのおとうさんの声で、急いで二階に上がったときには虹はもう消えかかっていました。
  写真は植え込み前のアボカドと鉢です。
このページのトップへ


  3日間にわたるワークショップが終わりました。7名プラス3名(家族)の方が入れ替わり立ち代りアトリエにおいでになってにぎやかにベアが生まれていきました。お天気にも恵まれた楽しいワークショップでした。手を動かしながらのおしゃべりは、日ごろ培えないような思いがけない心の交流を感じます。
今日はお天気はよいものの風が強く、木々のざわめきが耳に心地よい音楽です。秋の到来を感じています。今日からは私自身のベア制作に専念します。
写真は、だれもいなくなって寂しいアトリエです。
このページのトップへ


  乗鞍高原に来ているのに毎日暑いです。今日は室内で30度になっていました。全国的に記録的な酷暑になっているのと同じでしょう。吹く風がさわやかなので、エアコンなしでなんとか過ごせます。地元の方は「地熱」の温度を話題にされますが、今年は例年に比べて高いそうです。そのせいか、温泉の温度が高くなっているとのこと。気温が高いことと関係があるのかもしれません。
  このあたりでも熊の出没が聞かれますが、昨年あたりからは猿の被害が出ているそうです。いつもの散歩道で、昨年まではなかった高圧電流の電線で取り囲んだ畑が見られます。紅白の市松模様の布でとうもろこし畑のまわりを囲んでいるところもありますが、色や模様で猿に効き目があるのでしょうか。
  昨日夕方に、くまのおとうさんが一人で裏山を散歩しているとき、2匹の猿に出会ったそうです。今日の散歩には熊よけのすずをつけていくと言っていました。猿とはいえ一人で対峙するのはちょっと勇気が必要です。
  写真は今朝の乗鞍岳です。手前の水車小屋ではお蕎麦の粉をひいています。
このページのトップへ


  昨夜の納涼まつりは大いににぎわいました。
  7時になると始まりの合図の花火(音のみ)が打ち上げられました。8時になると和太鼓の演奏に続いて「炭坑節」が流れ始めました。盆踊りの開始です。会場のグランドから我が家まで100mくらいしか離れていないので、全ての音が聞き取れます。
  今年はグランドには行かないで、家で花火の打ち上げだけを楽しもうと、くまのおとうさんも私もそれぞれの仕事を始めていました。ところが繰り返し流れる「炭坑節」、「乗鞍音頭」それに売店へのお誘いアナウンスに、仕事などをしている場合ではなく、懐中電灯を片手に会場へ向かいました。会場はかなりの混雑で、こんなに人がでているのは初めて見ました。くまのおとうさんはお目当ての焼きとうもろこしをほおばり、私はソフトクリームをなめて、フォークダンスを眺めてから、打ち上げ花火に備えて家に帰りました。
  家の二階のベランダから見た打ち上げ花火は、やはりすばらしかった。真っ黒な空にはじける華、打ち上げのどーんという音が山々にこだまして、一瞬遅れて漣のように聞こえます。
  花火の打ち上げ本数は少ないので、すぐに終わってしまいます。だからこその余韻なのかもしれません。
  写真は散歩の途中でChさんからいただいた岩魚の塩焼きです。
このページのトップへ


  12日、13日はペルセウス流星群の流れ星がたくさん観察できる日だったそうです。空を眺めるのが大好きなくまのおとうさんは、昨夜はベランダに折りたたみベッドを持ち出して、空の観察に余念がありませんでした。12日には20分ほどの間に5個見えたのに、13日には1時間ほどで4個しか見つけられなかったそうです。ずーっと前に、わたしが初めて乗鞍高原に来たときにはその夜空がすばらしく、天の川が見られたのには感激しました。
  今日は午後7時より、近くのグランドで納涼まつりがあります。盆踊り、太鼓演奏、フォークダンス、打ち上げ花火と盛りだくさんです。家の前の空き地が例年臨時の駐車場になるので、午後から草刈機のエンジン音が聞こえています。写真は朝日の中、白い花のソバの畑です。

このページのトップへ


  2人+2匹の散歩は夕方6時にも出かけます。前回3月に来たときに知り合いになった黒犬の「もんた君」とも再会しました。
  昨日の夕方散歩のときに、畑から採れたてのきゅうりをいただきました。乗鞍のきゅうりは独特です。(写真) 太くてずんぐりしています。味はいつものきゅうりとほとんど変わりません。
Tさんは「畑のものをいつでも採っていってよい」とおっしゃっるのですが、そうはいきません。採っていただいたものをありがたくいただいて帰りました。きゅうりには紫蘇の葉とサニーレタスのおまけもついてきました。うれしいプレゼントです。

☆ 来月開催します私の作品展の詳しいご案内をします。

“グラスアイ”村瀬公子・浅野街子作品展
私のテディベアと浅野さんのピンブローの香りびん。
クラシックな雰囲気をかもし出す二人展です。
9月3日(月)~9月22日(土) 11:30~17:00 日曜日は休廊
所在地:東京都大田区南馬込4-12-8  Tel・Fax 03(3774)6822
http://www2.ocn.ne.jp/~g-dadako/
交通のご案内・都営浅草線の西馬込駅下車、南口改札を出て徒歩10分

会期中テディベア・ワークショップをします。
9月8日(土)、12日(水)12:00~16;00
参加費6000円 要予約/03(3774)6822

おいでになるとき村瀬までご連絡くだされば会場でお待ちしています。
このページのトップへ


  10日に我が家の2人と2匹は乗鞍へ移動してきました。あふれる緑が涼しい風を運んでくると、陽射しの強さにもかかわらずさわやかです。
  到着するとまずペンションマドンナさんに18,19,20日にお世話になるワークショップ参加者の宿泊確認をし、ご近所に挨拶をして、これからしばらくの乗鞍くらしの始まりです。
  東京にいるときと同じく朝7時に2人+2匹は散歩に出ます。隣のブルーベリー畑ではTさんがもう摘み始めていました。朝の挨拶を交わして30分後家に戻ってみると玄関に両手にあふれるほどの摘みたてのブルーベリーがおいてありました。まだ朝露にぬれています。うれしいプレゼントです。すぐ朝食にいただきました。写真はチラシ広告に包まってのブルーベリーです。
このページのトップへ


  数日前、歯磨きをしていて、奥歯をよーく磨こうとブラシをごしごしやっているとギクッといやな感じがしました。もしかして虫歯? でも歯医者さんに行く踏ん切りがつかなくて一日延ばしにしていたら、今日になってもう歯医者さんに行くしかないというくらい感じてしまいました。午後、医者さんへ行ってきました。恐る恐る先生に症状を告げて、更に、「しばらく2週間ほど家を留守にしますので、その間は来られませんので…」すると「今日1回の治療で終わりますよ」とのことでした。あー、よかった。早く来ればよかった。これで安心して乗鞍へ行くことができます。
  9月3日から22日まで開催する「村瀬公子・浅野街子作品展」のDMハガキができあがりました。(写真) ガラス作家の浅野さんとのコラボです。クラシックな雰囲気を出せたらいいなと思っています。あらためて日にちが迫っていることを実感しました。
このページのトップへ
  結婚して家を出ている娘の持ち物がまだたくさん家にあります。先日、家に来た娘と一緒に一部を整理しました。美術系の学校に進学した彼女が勉強のために描いたものや、赤ちゃんのころのアルバム、中学の1年間を過ごしたアメリカの授業で使っていたノートなどなど。思い出というものの整理はどのようにつけたらよいのでしょうか。
  そんな中で、使いかけの絵の具の入った箱を私が貰い受けました。絵の具はアクリル絵具です。まだまだ使えるものがいくつもあり、ちょっと絵心をくすぐられています。
このページのトップへ


 今日も快晴。酷暑の中、隣家では地鎮祭が執り行われました。神主さんも腕まくり裾まくりの状態で準備をされていましたが、いざ本番となると、烏帽子をつけてきりりときまっていました。
  くまのおとうさんと結婚することになったとき、両親が庭の片隅に小さな家を作ってくれました。そのときの地鎮祭が思い出されます。くまのおとうさんのお父さんが仏式で執り行ってくださいました。袈裟をかけて、家の建つ土地の四隅に清酒を注いで、祝詞ではなくお経を読み上げました。両親の思いがこもっていたのです。その2間だけの可愛い家も今はありません。
  写真は12月1日、2日に開催される「テディベアからの招待状」展でお目見えするベアです。
このページのトップへ


  酷暑ですね。
  隣家の取り壊しが終わってすっかりきれいな更地になっています。我が家の2階の居間からすべてのことがよく見えます。いろんな作業をする人が次から次へとやってきて作業をこなしていきます。家を解体する前の庭にはたくさんの木が植わっていて、ちょうど百日紅の白い花が見事でしたが、今はすっかり抜き取られて、もみじが1本だけ残されています。明日は地鎮祭でしょうか。家の形に白いテープが張られ、運動会のような白いテントが張られ、足元が良いように鉄板が何枚かおかれています。
  昨日と今日はくまのおとうさんを手伝って時間が過ぎました。写真はくまのおとうさんが仕事で使っている人形との記念撮影です。
このページのトップへ

FC2Ad

Calendar

07月 « 2007年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

プロフィール

くまのおかあさん

Author:くまのおかあさん
テディベア作家「くまのおかあさん」こと村瀬公子の日記です。
このブログは、本家サイトの1コンテンツとして利用させていただいています。詳しくは本家サイトをご覧ください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する