FC2ブログ

くまのおかあさんの徒然日記



  良いお天気。道路の渋滞を伝えるテレビの画面を見ながら、のんびりと、でもわずかに残る時差ぼけを感じています。
  飛行機に乗って外国へ行くのは5年ぶりでした。12時間ちかくは飛行機の中ですごすことになるので、日ごろは読めない単行本の小説を持っていきました。外国に向かいながら時代小説を読むのも良いかなと思い、山本一力著『いっぽん桜』を選びました。この作者にも作品にも何の予備知識もなかったのですが、本屋さんで本を探していたころが桜の季節で、「いっぽん桜」というタイトルに引かれたのかもしれません。江戸を舞台にしみじみとこころに響くお話が4編入っていて、一気に読んでしまいました。
  読みつかれて時々窓の外や下を見ると、景色とはいえない地球の表面が、美しい形をしてゆっくりと流れていきます。ツンドラ地帯の白い模様は人の手の届いていない自然の地球そのものの感じを受けました。雲で視界をさえぎられることも少なく、また暗くなることもなく、ずっと下界を楽しむことができました。
  ヨーロッパに近づくにつれて、地上は緑色に変わり、直線で区切られた、人の手が入った地域となっていきました。
  地上の黄色と緑と茶色のパッチワークは、高度が落ちるにしたがって、菜の花畑とわかりました。
このページのトップへ

Calendar

04月 « 2007年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

くまのおかあさん

Author:くまのおかあさん
テディベア作家「くまのおかあさん」こと村瀬公子の日記です。
このブログは、本家サイトの1コンテンツとして利用させていただいています。詳しくは本家サイトをご覧ください。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する